カードローンは収入ゼロでも利用できる?

収入ゼロの方が気になるのは、カードローンは収入ゼロでも利用できるのかという点でしょう

カードローンは収入ゼロでも利用できる?

年金だけでもOKなカードローンは存在する

年金を得ている方は、収入ゼロという訳ではないですが、カードローン利用へのハードルは高くなると言わざるを得ません。
年金の場合、カードローンによっては安定収入として見られないこともあり、それがネックとなってしまうのです。
ですからあらかじめ、年金収入のみの方のお申し込みはお受けできませんなどという説明書きが施されていることもあります。
しかしまったくの収入ゼロの方とは条件が違う訳ですから、カードローンによっては収入は年金によるものだけという場合でもお申し込みができるということもあります。
数はそれほど多くはないかもしれませんが、存在していることはしているので、あきらめずに探すことが大切です。
ただ年金受給者の方ですと、その年齢という部分も考慮しておく必要があります。
65歳まで、あるいは69歳までというような年齢制限がありますので、その年齢を越していれば、その時点でたとえ年金以外にも収入があろうがお申し込みできないということになります。
年齢が高い人のほうが、やはり死亡リスクが高まりますので、お金を貸す側としてはそれを考慮しなければならないのです。
返済の途中で亡くなられてしまっては、お金を貸した側はその分損をしてしまうことになりますので、ビジネス上、それは避けなくてはなりません。
ですからお金を借りるご予定の方は、早めに借りたほうがいいということです。
いろいろと条件は厳しくなってくるかもしれませんが、収入ゼロではないということで、その分はカードローンの審査において少なからず評価されていくのではないでしょうか。
ですから「年金だけだから」などと最初からあきらめることなく、いろいろと調べていくことが重要です。

カードローン

総量規制は気にしなくてもいいけれど・・・

一時期、総量規制という言葉が毎日のように飛び交っていましたが、最近はそうでもなくなりましたね。
しかし、その総量規制がなくなったという訳ではありませんから、カードローンを利用するのであれば、その点もチェックしていく必要があるでしょう。
年収の3分の1以上の借入をする考えのある方は、総量規制の対象外となっているカードローンを選ぶといいでしょう。
銀行によるカードローンや銀行系カードローンは、総量規制の対象ではありませんから、そういったカードローンを選べば安心です。
これを踏まえますと、思っている以上に総量規制の対象外のカードローンは多いのだなということがわかります。
そして最近では、パートやアルバイトでも申し込めるというのが常識的なことになっていますから、カードローンのお申し込みができる方というのは非常に多くいると考えられます。
しかしそのような変化があったとしても、収入ゼロの方のカードローン利用は厳しいという点は変わりません。
ご本人が収入ゼロでも申し込めるカードローンはあるにはありますが、その数は多くはなく、また審査も緩やかだとは言いがたいでしょう。
それに収入ゼロの場合、返済のときに利用するお金をどこから得るのかということも考えなくてはなりません。
そのときまでにパートなりアルバイトなりをしていれば、それを返済に利用すればいいですが、そうではないときには一考が必要です。
パートでもアルバイトでも、安定した収入として認められれば、それがカードローンの審査で評価される訳ですから、収入ゼロのままカードローンを利用しようというよりも、そちらのほうが審査に通る可能性は高まると言えるのではないでしょうか。

収入ゼロの場合のカードローンはどうなる?

カードローンのサイトを見てみますと、「パート・アルバイト申し込みOK!」というような文字をよく見かけます。
ですがご本人に収入がない主婦の方などですと、それにも該当しませんので、「収入ゼロだとカードローンは厳しいのかな」という気持ちになります。
確かに、通常よりは選択肢は少なくなるかもしれません。
しかしそういった方でもお申し込み可能というカードローンがありますので、それをお選びいただければ、収入ゼロのままカードローンをご利用いただけます。
その場合審査で見られるのは、配偶者の収入です。
したがって配偶者の収入が不安定だったりというような問題があれば、その場合には審査をパスするのも難しくなってしまうでしょう。
専業主婦の方の中には、へそくりを貯めている方もいるのではないでしょうか。
ですからもしカードローンの審査に通ってカードローンを利用できるとなった場合には、そのへそくりを返済に充てるという方法もあります。
その方が、配偶者の方にカードローンの利用がバレるというリスクを低く抑えることができるのではないでしょうか。
へそくりがない、へそくりは使いたくないというときには、配偶者の方に内緒で口座からお金を下ろすなどして、返済に充てるお金を用意しておくといいでしょう。
ただその場合、配偶者の方に銀行口座を見られると怪しまれる可能性がありますから、へそくりがある場合にはへそくりを使ったほうが安心です。
もちろん、カードローンの利用を隠さなくてもいいといような環境であれば、配偶者の方に包み隠さず話してしまっても構いません。
大切なのは、ケースバイケースで臨機応変に対応していくことです。
うまく対応していき、ピンチを乗り切っていきましょう。

Copyright (C) 2013 カードローンは収入ゼロでも利用できる? All Rights Reserved.

このページの先頭へ